福祉に関する様々な法律

スポンサードリンク

精神保健福祉法(せいしんほけんふくしほう)

正式名称は「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」と言います。
精神障害者の医療及び保護を行い、その社会復帰の促進およびその自立と社会経済活動への参加の促進のために 必要な援助を行ます。
また発生の予防その他国民の精神的健康の保持及び増進に努めることによって、 精神障害者の福祉の増進及び国民の精神保健の向上を図ることを目的として制定されました。

生活保護法(せいかつほごほう)

 生活保護法は、社会保障法の一つで、『日本国憲法第25条に規定する理念に基づき、 国が生活に困窮する全ての国民に対し、その困窮の程度の応じ、必要な保護を行い、その 最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長すること』とされている日本の法律です。
正当な理由で日本に住んでいる外国籍の者にも準用するようになりましたが、 日本国籍の人には認められている、生活保護決定についての不服申し立ての権利はありません。

児童福祉法(じどうふくしほう)

児童福祉法は、児童の福祉を保障する児童福祉の基本法です。
すべての国民は、児童が心身ともに健やかに生まれかつ育成されるように努めなければならなく、 国および地方公共団体は、児童の保護者とともにその責任を負うことを理念として明示しています。
18歳未満の児童に対する福祉施策のため、児童福祉審議会や児童福祉司、児童委員、児童相談所、福祉事務所、 保健所に関する規定や、福祉の措置および保障、事業、施設、費用などについても定められています。

社会福祉協議会(しゃかいふくしきょうぎかい)

社会福祉協議会は、各区市町村に1つある社会福祉法人で、地域福祉の中心となる機関です。
悩み事相談などの一般的な相談から、地域福祉権利擁護事業や生活福祉資金の貸付など、生活費や金銭管理などの援助を行っています。

福祉と介護
TOP
福祉に関する法律
福祉に関する資格
高齢者福祉
高齢者福祉
在宅介護
認知症
リンク
高齢化社会と自宅介護
四十肩(としうで)を治す!
五十肩改善法
お仏壇・墓石のお掃除


スポンサードリンク
pool/">プール熱について。
マイコプラズマ肺炎について。
便秘解消でやせる方法
花粉症治療SLIT減感作療法


スポンサードリンク