介護と福祉

スポンサードリンク

福祉とは・・・

最近、福祉や介護と言う言葉をよく耳にします。
高齢化社会がこれから続く中、私達はもっと福祉や介護について身近な問題として考えなければなりません。

福祉とは「福」と「祉」は、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する漢字です。
「福祉」(welfare, well−being)は広義では「幸福、安寧」や「良く生きること」などを指します。
障害者や高齢者だけではなく、みなさんも含め、一人一人が社会の一員として、平等に幸せを感じることが福祉です。
介護の「介」とは、心にかける、気にかける、仲立ちをする、等の意味があり、 「護」は、まもる、かばう、ふせぐ、たすける、という意味があります。
介護とは、高齢者の方や病気の人、障害者の方などの生活をする上での、お世話や手助けをすることをいいます。
介護が必要な方は、日常生活に支障がある方が多いので自立を助け、食事や排泄といった身の回りのお世話などをすることでその人たちの足や目、手、口となって私達は支えていくのです。

高齢者福祉(こうれいしゃふくし)

高齢者福祉(こうれいしゃふくし)とは、社会福祉制度の一つで、特に高齢者を対象とするサービスのことを、 老人福祉とも呼ばれています。
高齢者福祉は、65歳以上の人の幸せを考えることで、高齢者福祉は大きく2つに分けています。
1つ目は、「介護・かいご」を必要としている高齢者へのサービスです。
現在の「介護」は、住みなれた自分の家で暮くらし介護を受ける「居宅きょたく介護」と、 老人ホームなどに入所して介護を受ける「施設介護」の2つがあります。

障害者福祉(しょうがいしゃふくし)

身体障害者、知的障害者、精神障害者を含み、その障害が将来とも回復する可能性が極めて少なく、 必ずしも将来にわたって障害程度が不変のものに限らないもので、障害を持っていても 健常者と同様に自立して暮らすために、国や自治体から福祉サービスを受けることが出来ます。

福祉と介護
TOP
福祉に関する法律
福祉に関する資格
高齢者福祉
高齢者福祉
在宅介護
認知症
リンク
高齢化社会と自宅介護
四十肩(としうで)を治す!
五十肩改善法
お仏壇・墓石のお掃除


スポンサードリンク