スポンサードリンク

日本の高齢化問題の実情

現在、老人介護をしている介護者が高齢になってきていて60歳以上の人が半数を超えるまでになってきています。
ですから介護をしている方も病気がちな場合も多く介護による腰痛や関節痛などになってしまう方も多いようです。
また、介護者にはかなりのストレスがかかり全介助を必要とする場合は目を離すことができない、 外出もほとんどできない、睡眠時間も充分とれないなど年数も長くなる方も多く介護者に 大変な負担がかかっています。
また、認知症の介護では長くなる場合が多く言動や行動も理解できない事をするため大変苦労します。 早く病気を見つけて進行を遅らせる治療薬もあるので家族が早く気づいてあげることが重要です。
そして、老人介護の助けになるものに介護保険があります。 介護保険制度は40歳以上の方が被保険者となり強制加入する公的社 会保険制度で市区町村が運営しています。 65歳以上で介護が必要な方や40歳以上でも認知症やガンの末期など特定疾病の場合 に介護保険を利用できることになっています。
「要介護認定」の申請をして認定結果が出てから介護保険のサービスを受けられますが介護の 区分が要支援1・2と要介護1〜5の7つに別れています。それぞれに限度額が決められて いて限度額の1割負担でサービスを受けられますがそれ以上のサービスを受ける時は全額 自己負担になります。
介護サービスもいろいろなものがあり訪問介護、通所介護、通所リハビ リテーションなど受ける人に合ったサービスを選ぶとよいでしょう。また、 介護にはお金もかかるので上手に介護保険を利用して介護サービスの負担が 多く大変な場合は市区町村の介護保険担当の窓口などで相談してみるといいでしょう。

menu
トップページ
自宅介護の問題点
自宅介護支援機関
認知症について
老人介護の実情
リンク
痔のなやみ
溶連菌について。
突発性発疹について。
手足口病について。
感染性胃腸炎について。
プール熱について。
マイコプラズマ肺炎について。
四十肩(としうで)を治す!
五十肩改善法
脂肪燃焼筋肉トレーニング方法
お家で簡単ダイエット方法
痩せる方法
便秘解消でやせる方法
溶連菌感染症について
花粉症治療SLIT減感作療法