スポンサードリンク

認知症

認知症は以前は痴呆症と言われていましたが現在では認知症と呼ぶのが一般的です。
認知症は若年痴呆症と老年期痴呆症に分けられます。 若年認知症は若年期認知症(18〜39歳に発症)と初老期認知症(40〜64歳に発症)の両方に分類されます。
老年期認知症は65歳以上で発症する認知症のことを指します。
老年期認知症の原因疾患はアルツハイマー型認知症と血管性認知症がほとんどです。
若年認知症は他に前頭側頭型認知症・アルコール性認知症・頭部外傷後認知症などいろいろな疾患があります。

老年期認知症

老年期認知症の中でも1番多いといわれるアルツハイマー型認知症は、 脳の中のタンパク質に原因があると言われており 65歳以上の発症が多く、男性より女性に多く見られます。
初期症状は「もの忘れ」から始まり中期症状では出来事の内容や事実を忘れてしまい、 瞬間的にしか物事がわからなくなってきます。
妄想や徘徊などの行動障害を起こすようにもなります。
後期症状では家族の顔がわからなかったり言葉の意味が理解できず他の人とコミュニケーションがとれなくなります。
自分で歩いたり出来なくなり寝たきりに近い状態になっていきます。

血管性認知症は脳梗塞や脳出血などの脳血管障害が原因の認知症になります。
発症は65歳以上の高齢者がほとんどで症状は血管のつまったりした場所によって違いがあります。

若年認知症

前頭側頭型認知症は前頭葉・側頭葉が萎縮する認知症です。意欲の低下、性格の変化、 言葉の障害が起こります。年齢の若い方の発症が多いようです。 そして、頭部外傷後認知症は交通事故などで脳に損傷を受けた後 に認知症になってしまうもので最近患者数も増えてきています。
記憶障害や思考障害など症状も様々です。

次にアルコール性認知症はアルコールを大量に飲み続けた結果、脳細胞の萎縮が起こり認知症になっていくものです。

認知症の予防

認知症の予防の研究も盛んに行われています。 食生活の改善は認知症の予防に大きな力を発揮することが明らかになってきました。
イワシ・サバ・マグロのトロなどの魚に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)は 脳の炎症を抑えます。
また、緑黄色野菜は活性酸素を抑える作用があるので積極的に摂取すると良く、偏食や過食は脳に悪影響があると言 われています。
運動面では軽い散歩やジョギングなどの有酸素運動をすると良いと言われています。
そして、治療法が無いといわれていた認知症ですが今ではアルツハイマーの進 行を遅らせる薬も使われるようになり新しい治療薬の開発も進んできています。

menu
トップページ
自宅介護の問題点
自宅介護支援機関
認知症について
老人介護の実情
リンク
痔のなやみ
溶連菌について。
突発性発疹について。
手足口病について。
感染性胃腸炎について。
プール熱について。
マイコプラズマ肺炎について。
四十肩(としうで)を治す!
五十肩改善法
脂肪燃焼筋肉トレーニング方法
お家で簡単ダイエット方法
痩せる方法
便秘解消でやせる方法
溶連菌感染症について
花粉症治療SLIT減感作療法