スポンサードリンク

自宅介護支援機関

介護が必要になったとき、状況と希望に合わせて高齢者の介護生活をサポートし利用者の負担を軽 減するさまざまなサービスがあることを知っていますか?大きく分けて在宅サービスと施設サービスに分けられます。

■在宅サービス■

  • 生活介助
    ホームヘルパー(有資格者)が自宅に来てくれて、掃除、洗濯、調理、衣類の整理 、生活必需品の買い物、くすりの受け取りなど、身の回りの世話をしてくれます。 ホームヘルパーが全部行うのではなく、利用する人の介護の必要度に応じて サービスの内容、世話の程度を変える事もできます。
  • 身体介助
    ホームヘルパーが、主に食事、入浴、衣服の着替え、身体の清拭、体位交換など を介助します。
  • 通院介助
    ホームヘルパーなど、資格の持った運転手が車への移動乗車、通院先の病院での 受診手続き、院内での移動などを介助します。
  • 訪問入浴介護
    介護職員と看護師が3人一組で訪問し、寝たきりの人や自宅の浴槽では入浴が 難しい人のため、専用の入浴車や組み立て式の浴槽で入浴の介助をします。
  • 訪問看護
    医師や看護師が自宅を訪問して、医療的な処置をしてもらいます。 床ずれ予防、看護・介護方法のアドバイス、終末期のケアなど。
  • 訪問リハビリテーション
    自宅で理学療法士による、専門的な歩行訓練やリハビリなどをしてもらいます。
  • 委託療養管理指導
    医師や、歯科医などが自宅を訪問して、通院できない人のために、診療を行います。


    ■施設サービス■
    日帰りで通う支援サービスがあります。 利用者の状態に最も適したサービスを計画してもらえます。 介護福祉施設やケアマネージャーが本人や家族の希望を聞きながら、 いつ、どのようなサービスを利用するのかを決めます。
  • デイサービス
    在宅で介護を受ける人のために、日帰りで食事や入浴、レクリエーションなどを 提供してもらえます。それにより、充実した生活、健康維持などを目的として、 介護する人の意欲と高齢者の生活の自立をサポートします。
  • デイケア
    理学療法士、作業療法士など専門のリハビリテーションスタッフが、身体・精神的 機能に合わせたリハビリテーションをおこないます。
  • ショートステイ
    在宅介護を受けている高齢者や障害者を施設やホームなどで短期間預かり、 介護してもらえます。自宅で介護する家族を支援し、負担を少しでも軽くしようという 目的があります。
  • 福祉用具の貸与
    車いすやベット、歩行器など業者から介護用品のレンタルを利用することが出来ます。

    今は忙しいので介護が必要だと思うほどではなくても、引きこもり防止や身体機能を維持していくためにも、 自立度の高い生活が送れるようにすることが、大切なのです。

    ▼介護施設
    自宅での生活が無理になり、施設へ入所することも考えなければ、ならなくなった時 に利用できる施設。
  • 特別養護老人ホーム
    介護老人福祉施設とよばれる公的な老人ホームで養護を目的とした、施設で 終身利用となります。
  • 介護老人保健施設
    利用者が自立した生活を送れるように支援し、心身機能の維持や回復にむけた 、リハビリなどの機能訓練を行います。

    ▼居住施設
    老健の施設とは違い、完全な住居スタイルで高齢者の状態に合わせた環境が 用意されます。また料金やサービスにはかなりの差が出てきます。
  • グループホーム
    認知症のケアをする所として、代表的であり、住居の中で少人数の共同生活を ケアをしながら送ることが出来ます。
  • 有料老人ホーム
    特定施設の指定を受けた老人ホームやケアハウスの入居者が介護保険を利用した 、サービスを受けることが出来ます。
  • 高齢者専用賃貸住宅
    など。

  • menu
    トップページ
    自宅介護の問題点
    自宅介護支援機関
    認知症について
    老人介護の実情
    リンク
    痔のなやみ
    溶連菌について。
    突発性発疹について。
    手足口病について。
    感染性胃腸炎について。
    プール熱について。
    マイコプラズマ肺炎について。
    四十肩(としうで)を治す!
    五十肩改善法
    脂肪燃焼筋肉トレーニング方法
    お家で簡単ダイエット方法
    痩せる方法
    便秘解消でやせる方法
    溶連菌感染症について
    花粉症治療SLIT減感作療法