福祉とは?

スポンサードリンク

様々な事情によって自分1人で暮らせない人に公的扶助などで幸福に生活していけるように手助けをする事が「福祉」です。
福祉にかかわる仕事をされている方たちにも社会福祉士、理学療法士、介護福祉士、作業療法士、保健師、ホームヘルパーなど 他にも多数あります。
病気やケガをした時にお世話になった方もいると思います。
福祉社会を支える様々な仕事はどんな役割をしているのでしょう。

社会福祉士

国家試験に合格しなければ社会福祉士と名乗る事ができず、利用者に直接会って話しを聞いて援助をするために いろいろな分野からの協力を得ます。
そのために多くの知識が必要となり、利用者の要望に応じて介護福祉士や看護師などに協力を得たり利用者が 満足できる方法を探しだしてくれる重要な役割をしています。

理学療法士

突然の事故や病気などで障害をもったり、高齢により足腰が弱くなったり、寝たきりになってしまった人たちの 身体の機能が回復するようにリハビリテーションなどを行い、もとの生活に戻るためのリハビリテーションの手助けをします。
リハビリテーションは身体の機能回復だけでなく精神面でのケアもしていきます。
理学療法士は人が生活するために必要な動作(歩く、立つ、座る、起き上がるなど)のリハビリテーションと 社会復帰ができてからも援助をしていきます。
また、理学療法士には医療の専門知識も必要となります。

作業療法士

作業療法士の作業とは、生活していく中での行動すべての事です。
この作業を行えなくなった人たちに再び作業ができるようにしていくのが作業療法士です。
作業療法にはゲームのような楽しみながらの作業、手芸・絵画・生け花・茶道などの作品を創作する作業、 パソコン・計算など思考力を使うもの、トランポリンや滑り台などを使って体を動かす作業、 交通機関を使用した外出などで社会で生活していくための作業、食事・入浴・排泄・洗たく・金銭管理 など生活していくのに必要な作業、などの中から患者に合ったものを見つけリハビリテーションしていきます。

介護福祉士・ホームヘルパー

ホームヘルパーは訪問介護として利用者の自宅で身体介護と家事援助などを行います。
身体介護では、食事介助・排泄・体位交換・車イス介助・洗面・清拭・衣服着脱などがあり、 家事援助には食事の用意・片付け・洗たく・掃除・買い物などありますが、 他にも話し相手になり悩みなど聞くことも大切な仕事です。
そして、ホームヘルパーよりも介護を行う専門職と言われる介護福祉士という国家資格もあります。
しかし、医療行為ができるわけではなく利用者の身体の不調などが見られた場合、医師などに連絡をとったり 毎日介護記録をつけて治療などに役立たせるのです。

保健師

保健師は看護師などと同じ看護職ですが個人個人を診るのではなく、地域の人たちが健康で過ごせるように改善するのが 保健師です。
介護を受ける人だけでなく介護をする家族の支援・介護方法などを教えたりもします。
1人暮らしの高齢者などへの支援や精神障害のある人が自立できるように支援したり、 保健だけでなく福祉での役割が増えてきています。

福祉と介護
TOP
福祉に関する法律
福祉に関する資格
高齢者福祉
高齢者福祉
在宅介護
認知症
リンク
高齢化社会と自宅介護
四十肩(としうで)を治す!
五十肩改善法
お仏壇・墓石のお掃除


スポンサードリンク