高齢者の在宅看護

スポンサードリンク

在宅介護について

家族に突然介護が必要になった場合、経験のない人はどうしたらいいのか混乱すると思います。
介護保険のサービスを利用したり、どのように介護をしていくのか介護計画も必要です。
本人が出来る事には手を貸さず、時間がかかっても本人にやらせる事が大切です。
出来る事まで手を貸してしまうと本当に出来なくなるからです。
また、身体を動かす事が大変な場合、住宅の改修も必要になり介護には多くの費用がかかります。
介護保険もサービスを受ける費用の1割負担や保険外などに費用がかかるので経済面についても考える必要があります。
負担が増え過ぎないようにボランティアや介護保険のサービス、民間の介護サービスなどをうまく 利用して介護を続けられるようにします。
また、福祉用具の貸し出し、購入費の補助、住宅改修費の補助などもあるので在宅介護を始める時は、 認定での条件のつくものもあるので支給を受けられるか確認が必要です。

介護保険とは…

2000年4月から導入された介護保険ですが、以前は老人医療・老人福祉が分けられていました。
高齢化が進み寝たきりになったり認知症になる方が増加した事で利用者に公平なサービスが受けられる事を考えて つくられたのが介護保険制度です。
40歳になると被保険者となり、保険料を納めますが保険料を支払っていてもサービスを 受けるためには市区町村での申請と認定を受ける必要があります。
認定の区分として要支援1・2と要介護1〜5に分けられ、要支援の場合は要介護とならないように予防するための サービスを受け、これを予防給付といいます。
要介護の認定は受ける段階によってサービスを受ける利用料の上限額も変わってきます。
受けるサービスにも自宅での訪問サービス、事業所などでの通所サービス、 老人保健施設などでの施設サービスなどがあります。
そして、認定を受けた判定に対して不服の申し立てもできる事になっています。
これは、認定の通知を受けた翌日から60日以内に行い、介護認定以外にも介護給付、 予防給付、保険料滞納の処分などについても申し立てできる事になっています。

福祉と介護
TOP
福祉に関する法律
福祉に関する資格
高齢者福祉
高齢者福祉
在宅介護
認知症
リンク
高齢化社会と自宅介護
四十肩(としうで)を治す!
五十肩改善法
お仏壇・墓石のお掃除


スポンサードリンク